2015年11月02日

再訪

ハロウィンの渋谷の人出は何だったんでしょうね。突然ヒートアップした昨年よりエスカレートしていましたね。
ああいう光景を見ると、sadsのヒット曲TOKYOのサビを思い出します。
正に東京、狂った街、狂った夜です。

一番気になるのは、あの大量の人はどこかパーティー会場となる目的地があるのか。それともただ渋谷にいるだけなのか。何故渋谷なのか。謎は深まるばかり。


そんな中、私はあるお店のことをずっと考えていました。
そう、僅か1週間前、このブログでたった2回前に登場した「村上農園レストラン せきかわ村」。
そこのお料理が食べたくて食べたくて仕方が無いのです。

で、とうとう行ってしまいましたよ。

同じ飲食店にこんな短いスパンで行くなんて、私の人生でなかなかありません。

今日は会社の慰労会のような団体のお客さんもおり、相変わらずの盛況ぶり。
ただね、せっかく素敵なお店なのですから周りに迷惑がかかるほどの騒ぎ方は慎みましょう。
渋谷ハロウィンではないですが、楽しく飲む=大騒ぎというのは違う気がします。

私はというと、もうとにかく食い意地が張って写真を取り忘れまくる。

最初に頼んだドリンクはへベスソーダでしたかね?そんな名前のノンアルコールです。
へベス(名前間違っているかも)とは九州の柑橘系果実の名前だそうですが、夏みかんのような爽やかさでゴクゴクいけます!
ゆずソーダも飲みましたが、ここのソーダは果物の味が生きており、甘すぎず食事にもぴったりです。

続いて出ました、蛇喰(じゃばみ)豚と関川椎茸の葱焼き。
鉄板で焼かれた豚肉、椎茸、長葱に甘辛のタレと温泉卵がよく合います。

さて、ここからようやく写真の登場です。
私の拙い文章では写真無しでは何も伝わりませんからね!

女川モツ煮。
IMG_20151101_193007.jpg

前回食べ損ねたメニューその1です。
なんと本当にモツしか入っていないという贅沢な一品。
大根おろしを添えて食べるのも新鮮です。
女川というのは関川村の女川地区を差すのか、それともそこにある女川ハム工房さんから取り寄せたモツなのか、どちらかは不明です。
間違いなく言えるのは超絶美味しいです。

おにぎり(鮭・関川村梅干し)。
IMG_20151101_194157.jpg

前回食べ損ねたメニューその2。
席から厨房で握っている様子が見えました。これぞ手作りおにぎり。
結構ボリュームがあり、ご飯の良さを生かした握り具合。もちろんお米は関川産です。お米にうるさい新潟県人も納得の美味しさです。
付け合わせのお漬物がこれまた良い味!

蛇喰ポークと関川椎茸のつけ蕎麦。
IMG_20151101_195733.jpg

IMG_20151101_195743.jpg

再びの黄金コンビです。つけ汁には更に、しめじや舞茸、長葱、三つ葉入り。
そして前回友人も絶賛したへぎそば、田麥(たむぎ)そば。
もはや全ての素材が主役です。だからといってどれかがどれかの風味を掻き消してしまうことはなく、どの食材もしっかり味わえます。
一人前でも量はたっぷり。
そしてこのお店でお蕎麦を食べると必ず蕎麦湯を持ってきてくれます。専門店以外では珍しい、そして嬉しい心遣い。

メニューが赤い文字で目立っていた、かしわ天(特製たれ)。
IMG_20151101_200253.jpg

サックサクの衣にたっぷりのタレが染みて、鶏肉は柔らかくジューシー。
熱いうちに食べるのが最高!

最後のデザートはやっぱりこれ、岩船麩クリームぜんざい!
IMG_20151101_201608.jpg

今日は前回より麩が見えやすいですよ。
どうやらこれ、麩を揚げてあるようです。しかし生麩を揚げているのか、それとも秘伝のレシピがあるのか、真相はベールに包まれたまま。
でもやっぱり大好きです。はい。

お腹一杯になったところで、ここでは最後にそば茶を出してくださいます。寒空の下を帰る前にありがたいですね。

そして帰りは愛想の良い店員さんが忙しい手を止めて出口までお見送り。心も暖かくなり満足して帰るのでした。

是非、我が家の近くに2号店を!


人気ブログランキングへ
posted by Niigata at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166938129
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック